大腸カメラ

このような方は大腸カメラ検査を受けましょう

など

上記のような症状がある方は大腸カメラ検査を受けましょう。
重篤な疾患にかかっている可能性も考えられます。放置せずに、まずは医療機関を受診し適切な処置を受けることをおすすめいたします。

大腸カメラ検査とは

医院紹介大腸カメラ(大腸内視鏡検査)とは、先端に高性能のカメラがついた内視鏡を肛門から挿入し、大腸内を観察する検査です。
大腸カメラ検査では、ポリープやがん細胞を目で見て確認できるため、確度の高い診断が可能です。
検査中にポリープを発見した際は、そのままポリープを切除することも可能です。大腸カメラ検査はがんの早期発見に直結します。
がんは早期発見によって完治可能な疾患です。「発見が遅く手遅れになってしまった…」という事態を防ぐために、ぜひ40歳を過ぎたら大腸カメラ検査を受けるようにしましょう。

大腸カメラ検査の特徴

大腸カメラ検査の特徴当院の大腸カメラ検査についてご紹介いたします。

内視鏡専門医による検査

豊富な経験を積んだ専門医による大腸内視鏡検査を受ける事ができます。
検査が初めての方も安心してご来院ください。




内視鏡の検査総数

医院紹介当院の胃内視鏡検査数は8万件、大腸内視鏡検査数は5万件。豊富な検査経験があるため安心してご来院ください。




検査で鎮静剤の使用

鎮静剤の使用当院では、ご希望がありましたら鎮静剤を使用して検査を行います。
鎮静剤を使用する事で眠っている間に検査を終える事ができます。
初めて検査を受ける方も安心してご来院ください。



当院の最新内視鏡システム

最新内視鏡システム当院ではオリンパス社の内視鏡システムEVIS X-1を導入しております。
以前のものより、精度の高い検査・治療ができるようになり早期発見・早期治療に繋げる事ができます。



お腹の張りを軽減

炭酸ガス検査で大腸内を観察するためにガスを使用します。
従来のガスは吸収率が悪く検査後も お腹の張りに苦しむことがありましたが、 当院では炭酸ガスを使用する事で苦痛を軽減しています。



極細径の内視鏡を使用

極細径当院の大腸カメラのスコープは 先端部分が11.7ミリのものを使用しております。
先端には高画質のカメラが搭載されており、 良性腫瘍と悪性腫瘍を的確に判断します。




大腸ポリープの日帰り切除手術

大腸ポリープの日帰り切除手術大腸内視鏡検査中にポリープが発見されましたら、医師の判断で切除が必要な場合は切除致します。
入院せずに、そのままお帰りいただけます。


胃・大腸内視鏡検査の同日検査可能

胃・大腸内視鏡検査の同日検査当院では、胃・大腸内視鏡検査を1日で受ける事ができます。
所要時間は15分程度です。
検査のために時間を取るのが難しい方でも来院が1回で済むためオススメです。




リカバリールームの完備

リカバリールーム検査後にゆっくりお休みいただけるリカバリールームを完備しております。
お休みして回復されましたら、検査結果を聞きお帰りいただけます。




下剤の選択が可能

下剤当院では、過去内視鏡検査を受けられて苦い思いをされた方でも飲みやすく、量が少なくて済む下剤をご用意しております。
ご興味ある方は、ぜひご相談ください。




人間ドック・健診センター併設

人間ドック・健診センター併設検査を受ける方専用の待ち合いフロアもご用意しております。
検査にご興味がある方は、スタッフまでにお声がけください。




茅ヶ崎から徒歩2分

茅ヶ崎から徒歩2分湘南いしぐろクリニックは、 JR東海道本線・相模線「茅ヶ崎駅」北口から徒歩2分の
好立地です。
治療や検査に通院するのに便利です。



鎮静剤を使用した大腸カメラ検査

鎮静剤使用で「苦痛のない内視鏡検査」が可能!

当院では鎮静剤の使用を積極的に実施しており、痛みを伴うことなく検査を実施することができます。
実際に鎮静剤を使用して検査を実施された患者様からは、
「眠っているうちに検査が終わっていた」
「ほとんど痛みを感じることなく検査を受けることができた」
などといったお声をいただいております。
鎮静剤を使用することで、ウトウトと眠った状態で検査を実施することができます。内視鏡検査に対する「痛そう…」や「何だか怖い…」といった不安を軽減します。初めて内視鏡検査を受けられる方はもちろん、過去に内視鏡検査で苦しい思いをされた方も安心して受けていただけます。

鎮静剤を使用した検査の流れ

検査を開始する際に注射器で鎮静剤を投与いたします。投与するとすぐにウトウトと眠くなってきて麻酔が効いてきます。
鎮静剤の量は、年齢や体格、既往症、服用している薬などに合わせて調整をしていきます。
検査中は痛みや苦痛を伴うことなく検査を実施できます。
検査が終了したら、リカバリールームでゆっくりお休みいただきます。

注意点

鎮静剤を活用する際には、下記の注意点がございますので予めご了承ください。

  • 鎮静剤が覚めるまで院内でお休みいただきます。院内での検査時間が長くなる点ご了承ください。
  • 鎮静剤を使用された方の、お車・自転車の運転はお控えいただいております。
    公共交通機関をご利用いただくか、付き添いの方に運転してもらうようにしてください。

鎮静剤に関するご質問やご不明点は医師・スタッフまでお問い合わせください!

日帰りポリープ切除が可能

ポリープとは

ポリープとは、腸内の粘膜に隆起した組織のことを指します。全てのポリープを切除しないといけない訳ではないのですが、とくに「潰瘍性」のポリープは放置しておくと危険だと言われています。
大腸がんなどに発展する可能性もあるため、放置してしまうのは大変危険です。

検査時に発見したポリープは日帰りで切除可能!

当院では、大腸カメラ時に医師が切除必要と判断したポリープについてはその場で切除をすることが可能です。
下剤が1回で済む、検査と手術が同時に行えるなど、患者様の負担が少なくて済む点は、多くの患者様にご好評いただいております。
なおポリペクを行った方については、後日採取したポリープの組織検査結果をお伝えさせていただきますので、再度クリニックにご来院をお願いしております。


大腸カメラ検査でわかる疾患

大腸カメラ検査で次の疾患が分かります。

大腸がんなど重篤な疾患に罹患している可能性もございます。まずは当院にて大腸カメラ検査を受けましょう。

大腸カメラ検査の流れ

1.ご予約

ご予約お電話などでご予約をお取りください。
※大腸カメラ検査を受けられる方は事前受診が必要となりますので予めご注意ください。
事前受診はご予約をしていただくと当日の診療がスムーズになります。 抗血栓薬を内服されている方は事前にお知らせください。
検査を受けられる方は、医師・スタッフが検査に関する説明をいたします。
なおクリニック内での下剤服用を希望される方は、医師またはスタッフまでお申し付けください。

2.検査前日

検査前日検査前日は、夜8時までに消化の良い食事を済ませてください。ご希望に応じて検査食の販売もしております。
8時以降の飲食はできません。お水やお茶の摂取は可能です。





3.検査当日

検査当日検査当日、朝起きたら朝食をとらず、絶食をお願いしています。お水やお茶の摂取は可能です。
血圧を下げる薬や心臓病の薬、抗凝固剤を内服している方は、医師の指示を仰ぐようにしてください。
検査5時間前から2時間かけて下剤を飲んでいただきます。
便の色が無色透明になるまで下剤を服用します。適切に腸内洗浄が出来ていないと検査を実施出来ない場合もございますので、ご注意ください。

4.ご来院

ご来院予約時間の少し前にクリニックにご来院いただきます。
検査時に鎮静剤をご希望の方は、お車・自転車でのご来院はお控えいただきますよう、予めご了承ください。替えの下着をご持参ください。




5.診察

診察検査前に医師が診察を行います。
当日の体調などによっては、大腸カメラ検査ではなく別のご提案をさせていただくことがございますので予めご了承ください。





6.検査準備

検査準備受付・診察が済みましたら、更衣室にて検査着に着替えていただきます。準備が出来ましたら、検査室に移動します。





7.検査

検査鎮静剤を使用する場合は、このタイミングで投与いたします。
徐々に眠くなってきたら、鎮静剤が効いている状態になります。ほとんど眠った状態になるので、苦痛を伴うことなく検査を行うことができます。




8.結果説明

結果説明検査終了後、鎮静剤からスッキリと目覚めるまで、ベッドにてゆっくりお休みいただきます。
鎮静剤覚醒後、医師が検査結果の説明を行います。
検査時に生検を行った場合は、後日病理結果の説明をさせていただきますので、再度当院へお越しいただきます。
結果説明の際のご不明点については、医師やスタッフにお気軽にお尋ねください。



9.会計

会計結果説明まで済みましたら、本日の検査は全て終了です。
お会計を済ませてご帰宅いただけます。鎮静剤を活用された方は、お車・自転車でのご帰宅はお控えください。付き添いの方に運転をしていただくようお願い申し上げます。

検査1時間後から飲食が可能です。(組織検査を行った場合は2時間後から可能です)
検査2~3日は刺激物は控えるようにしてください。

大腸カメラ検査の費用

大腸カメラ検査の費用は下記の通りです。
下記の費用は参考金額です。診療内容に応じて費用の変動がございますので、ご了承ください。

検査 1割負担 2割負担 3割負担
大腸カメラ検査のみ 約2,500円 約5,000円 約7,500円
大腸カメラ検査+病理組織検査 約4,000円 約7,000円 約11,000円
大腸ポリープ切除(長経2cm未満) 約7,000円 約14,000円 約20,000円
大腸ポリープ切除(長経2cm以上) 約9,000円 約18,000円 約27,000円

別途費用

内容 費用
処置シーツ代 150円
トランクス代 250円
検査食(ご希望の方のみ) 1,300円

検査予約はこちら

当院の大腸カメラ検査はこちらからご予約ください。


よくある質問

痛みが不安なのですが鎮静剤は使用してもらえますか?

当院では鎮静剤を使用した内視鏡検査を行っております。ほとんど眠った状態で検査を受けることができますので、痛みや苦痛を伴うことがありません。初めて検査を受けられる方や、過去に内視鏡検査を受けられた方も安心して受けていただくことができます。
なお鎮静剤を使用する場合は、お車・自転車の運転はお控えいただいておりますので、予めご了承ください。

ポリープがあった際に、クリニックでも切除は可能ですか?

はい。当院ではポリープを発見した際に、検査中に切除することが可能です。ポリープを切除したその日にご帰宅いただけますので、ご安心ください。検査と同日で切除可能なので、患者様の負担が少なくて済むというメリットがあります。

大腸カメラ検査は保険適用がされるのでしょうか?

当院では、症状があったり、検診で異常を指摘された方は、原則保険適用にて大腸カメラ検査を行わせていただいております。

胃カメラ検査と大腸カメラ検査を同時に受けられますか?

可能です。当院では胃カメラ・大腸カメラの同日検査を実施しております。検査準備や検査が1回で済みますので、患者様の負担を軽減することができます。検査の所要時間は15分程度です。忙しいビジネスパーソンや子育て世代の患者様におすすめの検査となっております。

TOPへ